日本における交通事故の死者数と原因の考察

交通事故22

日本では交通事故が多く発生しており、当然死亡事故に繋がっているケースもあります。

そこで、これから交通事故による死者数についてやなぜ交通事故が起こるのかについてお話します。さらに、交通事故の死亡を少しでも減らすためには、すぐに適切な処置を行う事も必要なので、その点についてもお話していきますね。

これからお話する事を理解して、交通事故に対する意識を強く持つ事が大事です。

死亡原因の順位としては低め

日本では、交通事故が毎日のようにどこかの地域で起こっているのが現状としてあります。主に車同士の接触事故が多くなっていますが、世界と比較しても日本の交通事故の発生件数は多いです。ただ、日本人の死亡原因の順位としては低めになっていて、交通事故で死亡している人は全体の死亡原因の割合としては低くなっています。

日本人の死亡原因で一番多いのが癌であり、かなり身近な存在となっています。癌だけで死亡原因の3割ぐらいになるので、かなり高い数字です。逆に交通事故の死者数は、全体の1%にも満たないというのが現状としてあり、想像以上に少ないという印象です。

日本は、医療技術が高く、交通事故に遭遇した人が助かる可能性も世界と比較しても高くなっています。その結果、交通事故の発生率自体は高いですが、死亡数は低いといえます。ただ、それでも多くの人が亡くなっており、事故の件数は多いので交通事故に遭遇しないために日頃から注意する必要があります。

交通事故にあうと、最悪の場合は後遺症が残ったり、亡くなったりする可能性があります。一人一人が注意すれば減るものなので、ドライバーを中心に意識しなければいけない部分です。

小学生の交通事故の死亡割合が高い

日本人の死亡原因は全体としては、癌が多くなっていますが、年代別に見ると若干違いがあります。例えば、小学生ぐらいの年齢の人は病気ではなくて、交通事故の死亡割合がかなり高くなっています。小学生のころは、まだ交通事故に対する意識が低く、自転車に乗った時に危ない運転をしたり、急に路上に飛び出したりする人も他の年代と比べると多いです。

安全をあまり確認していないという事が、交通事故に遭遇してしまう1つの原因です。さらに、小学生になると自転車に乗る人も多くなり、最初の方は運転も上手くないので、自転車の運転ミスで交通事故に遭遇する可能性も高いです。

また、小学生はまだ小柄であり、ドライバーが小学生を見落としてしまって車でひいてしまう事もあります。このように、いくつかの原因が重なって、小学生の交通事故による死亡が増えているというのが現状です。この現状を改善するためには、子どもに交通ルールを定期的に学ばせる事が大事ですし、ドライバーも子どもを意識して常に安全運転する必要があります。

小学生ぐらいの時は、体も弱く車と接触すると大きな被害に合う可能性が高いです。親や学校の先生、さらに警察などが協力をして、少しでも子どもの交通事故を減らすための対策が今後も必要です。

飲酒運転を撲滅する事が大事

日本では交通事故が多くなっており、死者数も年間を見ると多いです。この状況を改善するためには、飲酒運転を撲滅させるのが大事になります。飲酒運転は交通事故の1つの原因になっており、お酒を飲んで酔った状態で運転をすると、判断が鈍くなり運転ミスを起こす可能性が高いです。

さらに、何かをひいてしまっても気付かない事も起こります。また、あまりにお酒を飲みすぎると居眠り運転に繋がる可能性があり、かなり危険になります。このように、飲酒運転は運転をする時に大きな支障をきたす事が多くなり、交通事故を起こす可能性が高いです。

そこで、日本でも飲酒運転に関しては罰則や取り締まりの強化を行っています。罰則は以前よりも厳しくなっており、不定期に路上で飲酒検問を実施しており、それが良い方向に進んでいるのも事実です。

しかし、まだまだ飲酒運転によって検挙される人が多く、今後も今以上に対策を考えながら飲酒運転を撲滅していく事が警察の課題となります。もちろん、飲酒運転はダメだという事を一人一人が認識すれば、自然と減っていくのでドライバーの人の飲酒運転に関する教育も行う事が必要です。

もし、飲酒運転がかなり少なくなれば、不慮の事故も少なくなり、多くの人が安全に暮らしやすい世の中になります。

交通事故の原因は多く存在する

交通事故の原因となっているのは、飲酒運転だけでなくて多くの原因があります。例えば、ドライバーのよそ見や携帯操作などによる不注意で接触事故を起こしたり、人をひいたりしてしまう事も多いです。ちょっとした不注意によって、交通事故を起こしてしまい、それが死亡事故に繋がるケースも日常的に起こるので、ドライバーの運転に対する意識が大事です。

他にも天候によって交通事故が起こる可能性があります。例えば雨でスリップしやすい状態ですと、急ブレーキをかけると運転ミスが起こりやすいですし、特にバイクの場合は転倒する可能性が高いです。バイクが転倒するとそれだけで大きな事故になりやすく、さらに転倒したドライバーが車にひかれる可能性もあります。

雪が積もっている時も、スリップしやすくなっており、スリップしないための対策が必要です。他にも子どもが急に路上に飛び出すことによる事故もあり、子どもに交通事故の意識を強く持たせる事も必要です。このように、さまざまな原因があり、すべての原因を取り除いていくのはかなり大変です。

しかし、ほとんどが不注意によるものなので、すべての人が交通事故に強い危機感を持って、生活すれば自然と交通事故や死者数が減る可能性があります。

『飲酒運転をして交通事故を起こした人の裁判と反省文』

交通事故の死者数を減らすための処置

交通事故が起きると、人が怪我をして重症になる可能性もあります。意識不明の重体となるケースもあり、どれだけ早く手当てが出来るかも重要です。すぐに救急車を呼べば、数分から数十分ぐらいで救急隊員が到着して、適切な処置をしながら病院に運んでくれます。

しかし、渋滞や悪天候などによって救急車の到着が遅れる可能性もあります。さらに、重症の場合は、すぐに適切な手当てをしなければ助かる可能性が低くなるので、交通事故が起こった時に、周りの人がすぐに応急手当てが出来るのかも今後大事です。

すぐに心臓マッサージなどの応急手当てをすれば、助かる可能性は高くなり、交通事故の死者数が減る事に繋がります。しかし、間違った手当てをすると逆効果なので、一人一人が応急手当てについて理解しておく事が必要になります。

交通事故の応急処置に関するセミナーなども時々、実施される事があるので、そのセミナーに参加すると応急手当てについての知識を深く身に付ける事が可能です。